神戸市灘区に住むならここがおすすめ! 【賃貸人気ランキング】

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

神戸市灘区は三ノ宮・元町といった繁華街が広がる中央区の東隣に位置します。
灘区内の北側は神戸大学・神戸松蔭女子学院大学をはじめ、大学・高校が密集する文教地区となっており、それらを取り巻くように賃貸マンションが多くあります。
区内の中央部は北から阪急線・JR線・阪神線の3沿線が徒歩圏内にあることや主要幹線道路と生活道路の棲み分けができていることから交通が至便で住みやすく住環境が特に良いとされる地域とされています。
南側は新旧の街並みが交錯する地域といえます。古くから清酒を生産する酒造の歴史博物館があったり、区画整理によって誕生したHAT神戸を始めとする高層マンションや大型商業店舗があります。麻耶ふ頭など海に隣接する港湾周辺は大企業の工場群や港湾施設などがあります。

このランキングは賃貸住宅サービスにご来店いただいたお客様の中で、神戸市灘区内でご契約いただいた方々の声(有効回答)を元にH26年7月~H27年8月の年間集計より算出しております。
これから神戸市灘区内でお部屋探しをお考えの方は参考にしてみてください。

神戸市灘区はここが人気!

第一位 阪急神戸線 「六甲駅」 篠原南町・篠原中町・八幡町周辺   19.3%

阪急「六甲」駅を最寄駅とするこの地域は、震災後に建てられた3階~5階建ての鉄筋コンクリート造の築の新しい賃貸マンションが多く、耐震性・遮音性が高く、駅から徒歩5分以内といった立地も手伝って特にファミリー層からの絶大な人気を得ている地域です。元々、阪急線の北側は文教地区に指定されていることから治安も良く、環境面を重視する子育て世代が多く集まる地域でしたが、立地・住環境も申し分ない物件が多数あることからさらに人気が急上昇しています。

第二位 JR神戸線 「六甲道駅」 弓木町・六甲町・高徳町・永手町周辺   14.2%

灘区の中心に位置するJR六甲道駅周辺です。駅前には大きなバスロータリーがあり、神戸市の観光地の柱のひとつである六甲山ケーブル駅に向かうことができたり、阪急・JR・阪神線の各駅を結び、北部の文教地区へ延びるバス路線網が整備されています。駅南側には多くの飲食店や病院・スーパーが密集しており、日常生活が非常に便利な地域です。駅北側は商店街やおしゃれなカフェやスイーツ店が至る所にあり街中を散歩するだけでも楽しくなってしまう雰囲気があります。

第三位 阪神神戸線 「新在家~石屋川駅」 友田町・徳井町・記田町周辺   13.6%

阪神沿線の新在家駅~石屋川駅間は駅間も短く、どちらを最寄り駅としても徒歩10分以内であること、灘区役所に近く、国道2号線沿いには多くの商業店舗が営業しているため、住みやすさを感じやすい地域といえます。神戸市は山の手にいくほど地価が高いといった特徴があります。設定家賃も同様に高くなることから、3沿線のうち阪神沿線は数千円ほど低く平均家賃が設定されています。
灘区自体はどこに住んでも交通・治安・住環境はそれほど大きな差はなく、全体的に環境に恵まれた地域として取り上げられていることから、周辺相場と比べてお得感のある新在家・石屋川間を選ばれる方が多くおられるようです。

単身層にもファミリー層にも支持される街

神戸市灘区内でご契約いただいたH26年7月~H27年8月の年間契約数から間取りの部屋数別でデータ集計を行いました。

ワンルーム・1K・1LDKの単身間取りは全体の契約数の49.7%
2K・2DK・2LDKの二人暮らし向け間取りは全体の契約数の31.8%
3DK以上のファミリー向け間取りは全体の契約数の18.5%

といった結果になりました。
賃貸物件の供給量や世帯人数の比率から考えると単身層・ファミリー層共に支持されていることが伺えます。