豊中市に住むならここがおすすめ! 【住みたい街ランキング】

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

このランキングは賃貸住宅サービスにご来店いただいたお客様の中で、豊中市内でご契約いただいた方々の声(有効回答数)を元にH26年7月~H27年8月の年間集計より算出しております。
これから豊中市内でお部屋探しをお考えの方は参考にしてみてください。

豊中市は実際に住んでいる方やこれから住もうと考えている方から大阪府内でも住環境が良い、交通の便が良い、買い物が便利といった声が多く、「ここに住みたい!」と地域を限定して来られる方が多くいらっしゃいます。そんな豊中市の中でも特に人気を集めるエリアをピックアップしてみました。

北摂地域にある豊中市は梅田から宝塚を結ぶ阪急宝塚線沿線と、御堂筋線江坂駅から千里中央駅へ延伸する北大阪急行線沿線、阪急線と北大阪急行線を東西に結ぶ大阪モノレールの3エリアに分けることができます。

住環境良好な北摂地域の人気街

阪急宝塚線の曽根・岡町・豊中駅周辺は古くから住宅地の開発が進み、成熟した街並みが特徴です。特に3駅にまたがる桜塚の地名を持つこの地域は、駅前の賑やかな場所を通り抜け駅から約10分、駅近にもかかわらず閑静な住宅街が広がり、周辺には大きな公園・区画整理され新しく建築された分譲仕様の賃貸マンションも増えたことで若い年代や子育て層が集まり、幅広い年代の満足度がとても高い地域です。
大阪都心「梅田」までは急行停車駅の豊中駅を利用すれば約12分、岡町・曽根駅からは約15~12分と通勤面でもメリットを感じる方が多くおられます。
近くには大阪国際空港があり、路線バスやタクシーも頻繁に通り便利な反面、場所によっては飛行機発着の騒音や古い町並みが残るところは道が狭く通行に不安を感じることもあるため、お部屋探しの際は立地や室内だけでなく、建物の構造や周辺環境もチェックしておきたいですね。

大阪万博を契機に大阪府のニュータウン構想から都市開発が始まったこの地域は、商業地だけでなく学校・医療・公共施設が全て揃い利便性を追求した街として今も賃貸需要の高いエリアです。万博公園跡地には大型商業複合施設エキスポシティが誕生し、さらに便利で住みやすい地域となりました。
この地域は集合住宅や高層マンションが多く、ニュータウンとして誕生した街ということから関西以外からの転入者にも寛容で新しい生活に馴染みやすいイメージもあり、転勤者に好まれる地域といえます。
古くなった集合住宅はリノベーション・リフォーム時期を迎え、高層マンションへの立替数も多く、新しく活気のある街に生まれ変わりつつあります。
駅前や幹線道路周辺には多くの分譲マンションや商業施設がある一方、駅を離れると人通りが少ない場所もあることや、坂の多い立地のため徒歩や自転車の移動が難しいといった声もあります。駅からの利用経路や夜間の雰囲気をチェックしておくとよいでしょう。

大阪モノレール線 少路駅から阪急箕面線 箕面駅を繋ぐ43号 豊中亀岡線を通称「ロマンチック街道」と呼んでいます。広い道路、四季の移ろいを感じさせる街路樹、沿道にはおしゃれな飲食店やテナントが集まり、景観豊かな街並みが人気の地域です。ロマンチック街道沿いの店舗が集まり専用サイトを持ったり、店舗名に「ロマンチック街道店」などを使うことで地域PRにも力を入れています。
近くには大阪大学豊中キャンパスもあり、学生向け賃貸マンションも多く活気ある地域のひとつです。交通は阪急線・御堂筋線を東西に繋ぐ大阪モノレールを利用するか、豊中・千里中央・桃山台を中心に網の目のように走るバス路線を利用して大阪都心「梅田」へ向かうことになります。

豊中市内の新入居世帯はファミリー層が半数以上

全国的に単身世帯が増加する中でも、豊中市の賃貸新入居世帯はファミリー層の方が多いといったデータとなりました。街に活気があり、新しい住戸や商業地が次々に誕生している地域ですが、今後さらに流入が進めば、子育て支援施設の充実が追い付かないといった不安もあります。
行政にはより一層、行政サービスの充実促進をお願いしたいところですね。