「小型犬限定」賃貸物件。小型犬として扱われるのは大きさ? 重さ? 犬種?

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

ペット飼育可の物件の多くは「小型犬限定、小型犬または猫のみ可能」といったペットの大きさを限定した物件が大半を占めています。内見をして気に入ったお部屋があっても、小型犬でないことを理由に入居審査に通らない場合もあります。
ペットと一緒に入居できるお部屋を探すには、まずは種類・頭数・大きさを伝えて、入居が可能な物件かどうかを確認しておくことから始めましょう。

小型犬・中型犬・大型犬はどうやって区別される?

飼っているペットが犬の場合、小型犬として認定してもらうにはどのような確認が行われるのでしょう。

まずは、犬種を確認し、将来成犬になった際の予想体重を参考にします。一般的には成犬になった際に体重が10kg未満であれば小型犬、20kg未満では中型犬、20kg以上は大型犬として分類されます。(物件により若干異なります)、トイプードル・シーズー・ヨークシャーテリア・ミニチュアダックスフンドなどは小型犬。ゴールデンレトリーバー・セントバーナード・ジャーマンシェパードなどは大型犬として扱われるでしょう。
そこで問題になるのは、小型犬と中型犬のボーダーラインです。最近では犬種の掛け合わせのミックスや雑種通しの交配によって犬種が特定できなかったり、個体差が大きく犬種だけでは判断が難しかったりすることから犬種だけでなく体格(体高)を考慮するようになっています。

物件により多少に異なりますが通常、体高が50cm未満、かつ、体重10kg未満が小型犬の目安とされています。この50cm・10kg前後の犬に関しては物件の都度ケースバイケースとなりますので入居が可能かどうか都度確かめていただくことが確実でしょう。
お部屋の内見前に犬種・大きさを事前に伝えておきましょう。入居審査の際にはペット写真の提出を求められることもあります。

なぜ、小型犬に限定した物件が多いの?

マンションやアパートなどのいわゆる集合住宅は他人との共同生活の場といえます。隣人に迷惑をかけることなく、誰もが気持ちよく日常生活を送ることができるように配慮が必要です。

廊下やエントランス・エレベーターといった共有部分でのペットの扱い方には建物ごとにマンション管理規約やペットの飼育細則で細かく定められています。例えば、共有部分では他人に迷惑や危害を加えることのないように歩かせずに抱えて移動するようにといった決まりがあります。
飼い主がペットを抱えながら共有部分を移動することを考えるとせいぜい10kg前後が限界だろうという考えから小型犬のみ飼育を認める条件が付けられているのです。

加えて、室内犬といっても、大きさによって健康を維持できるだけの専有スペースが必要となるため、日本の住宅事情を考えると小型犬までが人と犬との共同生活の限界と考えられています。