大阪市西区に住むならここがおすすめ! 【住みたい街ランキング】

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

大阪市西区は、東西に阪神高速と中央大通り、長堀通り、南北に四ツ橋筋 なにわ筋 新なにわ筋と幹線道路があり、また地下鉄中央線、千日前線、長堀鶴見緑地線、四つ橋線、阪神なんば線と交通量は多く、オフィス街の通勤にはとても便利な地域です。
木津川を境に東側から、靭公園エリア(土佐堀・江戸堀・京町堀・靭本町・西本町・江之子島)、阿波座 新町エリア(阿波座・立売堀・新町)、堀江エリア(北堀江・南堀江)西側は九条エリア(川口・本田・九条・九条南・境川・千代崎)と四つのエリアに分けられます。
東側は、オフィスや店舗が立ち並ぶ商業地域で、そのため飲食店が数多く存在します。雑誌やネットなどで上位になっている店もあります。賑やかで都会の雰囲気がある環境です。
西側は工場や集合住宅街で東側とは違い、静かな場所でありつつも、九条商店街があるため活気があり、下町の住宅街の雰囲気があります。

靭公園エリア

立売堀 新町エリア

堀江エリア

常に新しい店、大阪の人気スポットである「堀江」 契約数一位の南堀江は、おしゃれな店舗が両側に並ぶ「立花通り(通称;オレンジストリート)」やHIPHOP・音楽の街「アメリカ村」が近いです。休日ともなるとたくさんの若者たちで賑わっています。おしゃれな街と人通りの多い、若々しい地域です。
その中でも北堀江は静かで落ち着いている環境で、かつ富裕層者も多いため、1Rの家賃相場の値段はグッと上がります。北堀江には、中央図書館・こども文化センターなどの教育施設や、また面白いところで、ドッグショップやドッグカフェ、犬の幼稚園など犬関連のお店が実に多いので、犬を飼っている人も多いと言えますね。
堀江エリアには数多くの、おしゃれな飲食店やカフェ、セレクトショップがあり、さらにはクリスタ長堀の地下道を通れば、そのまま心斎橋に行けるので人気な理由もわかります。

九条エリア

九条エリアはマンション中心に住宅街になります。木津川を挟んで西側になるだけで、1Rの家賃相場が西区の中で一番安くなります。やはり東側は飲食店やおしゃれなお店が多いからなのでしょう。九条にはアーケードがついた九条商店街が大きく存在します。九条商店街には昔ながらの八百屋や豆腐屋などがありスーパー感覚で買い物ができます。それだけではなく病院の医療関係や映画館などもあり、商店街にたくさんの人が集まり、活気がある商店街と言えるでしょう。千代崎には、京セラドームがあり野球観戦時やコンサートなどのイベント時には多くの人が来場します。近くには、イオンやホームセンターなどがあり、大きい買い物をするにはとても便利ですね。九条からも、北区や中央区にはアクセスしやすいので全体的な利便さは変わらず、値段を安く済ませたい方にはおすすめです。