宝塚市 「幼児・幼稚園児・小学生が大満足!」 1日遊べるアウトドア・大公園 特集

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

宝塚市で賃貸物件に住まわれる世帯のうちファミリー層の占める割合は全体の64.2%にのぼります。(賃貸住宅サービス 契約者アンケート調べH26年7月~H27年8月集計)
住環境はどことなくゆったりとした雰囲気があり、待機児童対策、子育て支援制度などを推し進めるなどファミリー層に支持されるまちづくりが行われています。

市内には、幼児・幼稚園児・小学生がのびのびと遊ぶことができるアウトドア施設や大公園が多くあり、週末には家族連れが思い思いの遊具やアウトドア用品を持って出かける姿を見ることができます。
今回は、宝塚市内で規模が大きく、駐車場も併設された人気の高い公園をご紹介します。

末広中央公園(すえひろちゅうおうこうえん)

宝塚市役所の向かいに位置する末広中央公園は広さ41420平米の広大な敷地の中に様々な遊び場が用意されています。長短いろいろな滑り台や滑車を使った遊具など奇抜でダイナミックな遊びができる遊具が配置されているため、身体を使うことが大好きな子供達は大満足でしょう。
芝生広場では敷地が広いため子供同士の衝突の危険が少なく、比較的場所を広めに取ってボール遊びや、追いかけっこなど、身体の大きな小学生でもめい一杯走り回ることができます。
夏には噴水や水路が配置され適度に木陰もあるため、涼を感じることができます。プールを楽しむには少し早い時期の小さな幼児でも地面から噴き出す噴水の中で安心して水遊びができます。
末広中央公園は遊び場としての役割だけでなく、宝塚市の防災の役割も担っています。災害が起こった際の避難場所に指定され、耐震貯水槽・ソーラーパネル・仮設住宅設置スペースを確保するなど、あらかじめ計画された高い防災機能を有しています。

阪神競馬場公園(はんしんけいばじょうこうえん)

毎年6月にG1レース「宝塚記念」が開催される関西を代表する競馬場場内に併設された公園です。週末のレース開催時は駐車場が有料となりますが、乗馬体験・ミニチュアの汽車(森の列車)・休憩所・授乳室・レストランなどを利用することができます。平日は駐車場が無料となります。
場内は公園地区・セントウルガーデン・イベント広場などいくつかのエリアに区切られています。
遊具はふわふわドーム・滑り台・アスレチックなど、通常の公園よりも規模の大きな遊具で遊ぶことができます。一番の人気は公園内に線路がひかれたミニチュアの汽車「森の列車」でしょう。トンネル・踏切・駅・信号といった本格的な設備が子供心を鷲掴みして、毎週末汽車にまたがるために長蛇の列ができるほどの人気ぶりです。乗馬体験ではかわいいポニーに乗ることができます。
セントウルガーデンはヨーロッパの庭園を思わせる造りで、噴水から水路へと続く水の流れや、いろいろな花で彩られた花壇、ガーデン内の通路の床はタイル張りといったとても綺麗な空間です。噴水や水路は水遊びができるようになっており、夏には多くの子供連れでにぎわっています。
春には場内のいたるところに植えられた桜の木が満開になり、関西圏では有名なお花見スポットとなります。満開の桜を背に競走馬が走る姿は絵になる光景ですよね。

(やまもとしんいけこうえん)・あいあいパーク

山本新池公園は旧国道176号線を中心に大きく2つのエリアに分かれます。国道を隔てた北側はあいあいパークという名称がつけられたショッピングエリア(宝塚市立宝塚園芸振興センター)と道路の南側の庭園エリアに分けられます。
ショッピングエリアには宝塚市が誇る日本三大植木産地の一つである山本の情報発信施設として「園芸」をコンセプトとしたグリーンショップ・見本庭園・ベーカリーショップ・ガーデニングショップなどが出店しています。
ショッピングや公園でひと遊びした後にはベーカリーショップ「やきたてい」に立ち寄るのがおすすめです。広い店内イートインスペースにテラス席も併設されており、休憩にはもってこいのお店です。パンの種類も多く、その多くはなんとワンコイン100円で買えてしまいます。パスタなどの軽食やコーヒーなども販売されており、毎日多くのお客さんでにぎわっています。
庭園エリアにはメインゲート・英国風庭園や日本庭園などコンセプトを持った造りの庭があり、訪れた人の目を楽しませてくれます。芝生広場の前に広がる新池には水鳥が数多くおり、お弁当を広げてピクニックには最適なロケーションとなっています。池の向こうにはJR福知山線の線路が見え、電車が来ると子供達は喜ぶことでしょう。
公園の敷地はそれほど広いわけではなく、池も近いことからボール遊びは禁止されています。幼児の外遊びや日向ぼっこなどゆったりと外の空気を楽しむ家族連れや、散歩やピクニックがおすすめの公園です。

武庫川河川敷(むこがわかせんしき)

末広中央公園から下流に向けて約2kmに広がる河川敷は球技スポーツができる広さと環境が揃っています。週末には、テニス・サッカー・野球・ラグビーなど様々なスポーツに興じる多くの子供達を見ることができます。他にもサイクリング・ランニング用の舗装された道も武庫川下流まで整備されており、市民の健康的な生活を送る一助になっています。
武庫川は一級河川に指定されており、川幅も広く流れも穏やかなため比較的安全に水場近くまで行くことができます。水際の昆虫や生き物を観察することもできるでしょう。
ただし、雨の日翌日など水量が多く、流れも速くなっている場合もありますので、子供から目を離さないようにしてあげてください。

ゆずり葉台緑地公園(ゆずりはだいりょくちこうえん)

逆瀬川の砂防公園として整備されました。阪神大震災の慰霊碑があるなど、様々なオブジェがあります。
公園全体が逆瀬川を包み込む堤防の役割を果たしています。下流側は大部分が芝生広場になっており、広い運動スペースやベンチが確保されています。広場を囲むように桜の木が植えられていますので、春には絶好のお花見スペースとなるでしょう。
上流部分はアスレチックスペースや川遊びができるスペースがあり、小学生くらいの身体をダイナミックに動かして遊ぶ子供達も喜びそうです。

ゆずり葉台緑地公園は須磨浦公園から宝塚にかけて六甲山を縦断するトレッキングルートと結ばれています。ゆずり葉台 → 塩尾寺 → 宝塚駅へ抜ける約8キロのハイキングコースを楽しむ方も見かけます。
宝塚には市民団体が主催するハイキング・マラソン・史跡めぐりなど一年を通して様々なアウトドアイベントが催されていて、自然を楽しむための環境が充実しています。