賃貸住宅サービスで
の部屋を探す

お部屋探しをしている皆さんのなかには、リビングと寝室を分けたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。
リビングと寝室を分けることができれば、その分お部屋は広くなりますので、スペースを有効に活用することが可能になります。モノが多く、1つの部屋に収納しきれない人やインテリア・部屋作りにこだわりたい人にとって、LDKのお部屋はうってつけの条件と言えるのではないでしょうか。
お子様がいるファミリー世帯は、リビングがあることで、家族が集まる場所ができるので、必然的に顔を合わせる機会が多くなり、家族のコミュニケーションが生まれます。

1LDK・2LDK・3LDK

1LDK・2LDK・3LDKの間取りの賃貸で部屋探し

DKとLDKの違い

お部屋を探していると、DKとLDKという表記を目にする機会が多いはず。同じように見える間取の表記、実はそれぞれ違いがあります。
DKは「ダイニング・キッチン」の略称で、寝室のほかに、4.5畳~8畳未満のお部屋が付随している物件の間取りを指します。2部屋以上であれば、6畳~10畳未満のお部屋と定義が変わります。一方LDKは「リビング・ダイニング・キッチン」の略称で、8畳以上のお部屋が付随している物件を指します。2部屋以上であれば、10畳以上と定義が変わります。寝室のほかに、1部屋ある場合は1LDK、2部屋であれば、2LDKとなります。

1LDK・2LDK・3LDKの間取りの賃貸で部屋探し

広いスペースを十分に活かす

広いスペースを十分に活かす

LDKの間取りの最大のメリットは居住空間が広いこと。1Rや1Kと異なり、寝室と居室が分かれているため、空間のスペースが広がり、リビングを有効に活用することができます。インテリアにこだわり、自分ならではのお部屋作りをしたい人に向いている間取と言えるでしょう。

の賃貸を住所から探す

の賃貸を沿線・駅から探す