引っ越し当日までに済ませておくべき冷蔵庫の準備とは?

Share on FacebookTweet about this on Twitter

引っ越しまでに済ませておく冷蔵庫の準備

冷蔵庫の引っ越し準備
引っ越し日当日までに部屋の片づけや荷造り作業など、さまざまな準備を行っておかなくてはなりません。
その中でも忘れずに行っておきたい「冷蔵庫の引っ越し準備」があります。
今回は、引っ越し当日までの済ませておくべき冷蔵庫の準備についていくつかご紹介していきます。

冷蔵庫の食材を使いきる

引っ越しの当日は冷蔵庫の中身が空っぽの状態になっていなければなりません。
そのため冷蔵庫に入っている食材を使いきってしまう必要があります。
引っ越しの2週間前あたりから冷蔵庫の中に何が入っているのかを確認しながら、少しずつ食材を使っていくようにしましょう。
また、この際には新しい食材を購入しないように注意してください。
常温で保存して置けるような食材であれば良いのですが、冷蔵保存のものであれば避けるのが良いです。

クーラーボックスを準備する

クーラーボックスを準備する
引っ越しの1週間前ほどになったら、再度冷蔵庫内の食材が順調に無くなっているかチェックするようにしてください。
「食材が余ってしまいそう…」という場合は、クーラーボックスを準備するようにしてください。
クーラーボックスが無い場合、発泡スチロールでも代用できます。
このクーラーボックス(発泡スチロール)に食材を入れて、冷やした状態のまま食材を移動させましょう。
ただやはり一番良いのは引っ越し当日までに冷蔵庫の中を空っぽにすることですので、できる限り食材は使い切るのがおすすめです。
引っ越し前日までに「霜取り・水抜き」をする
引っ越し前日までに食材を使いきり、冷蔵庫の電源を切った状態にしておける場合、冷蔵庫の「霜取り・水抜き」を行っていきます。
「霜取り」とは、冷蔵庫内に付いた霜を溶かすことになります。
霜取りによって霜が溶けると、冷蔵庫内にある蒸発皿の上に溶けた水が溜まっていきます。
「水抜き」はこの水を流して捨てることを言います。
「霜取り・水抜き」には時間がかかってしまうため、引っ越し日の前日には必ず行うようにしましょう。

「霜取り」の方法

霜取りの方法としては、冷蔵庫につながった電源を抜くことで完了します。
冷蔵庫の中の温度が
霜は冷蔵庫内の温度が上昇することによって何もしなくても勝手に溶けていきます。
15時間ほど経てば霜は完全に溶けきることでしょう。
また冷蔵庫の種類によっては自動霜取り機能が備わっているタイプのものもあるため、このタイプの冷蔵庫を購入することで霜が付着することがなくなります。
霜取りが終わったら水抜きですが、こちらは霜が溶けて蒸発皿に溜まった水を流して捨てるだけになるため手間がかかることは無いでしょう。

冷蔵庫全体の掃除

冷蔵庫の掃除
霜取り・水抜きが完了したら、冷蔵庫全体の掃除を行っていきましょう。
冷蔵庫が空になる状態というのは、引っ越し時以外にはほとんどないとされています。
この機会に、普段あまり掃除を行うことの無い冷蔵庫全体の掃除を行っておくのがおすすめ
です。
冷蔵庫掃除のポイントとしては、取り外し可能な付属品をすべて外していき、お湯と食器用洗剤を使ってそれぞれの部品を洗いましょう。
冷蔵庫本体の内部は、清潔な布巾やタオルを使って水気・汚れを拭き取るようにしてください。
食品がこぼれたものや油汚れに関しては、薄めた食器用洗剤に布巾・タオルを浸け、拭き取ることによって綺麗に取ることができるでしょう。
また冷蔵庫掃除の注意点として、内部の掃除はしっかりと行っていても上部を綺麗にすることを忘れてしまう傾向にあるということです。
溜まっているホコリを払った後、濡れた布巾・タオルを使って汚れを拭き取っていきましょう。

おわりに

今回は、引っ越し当日までの済ませておくべき冷蔵庫の準備についていくつかご紹介しました。
ご紹介したポイントを押さえながら、引っ越し前日までにすべての作業を完了できるように予定を調整しましょう。

著者情報

賃貸住宅サービス

賃貸住宅サービス住まいのお役立ち情報編集部 株式会社グラート

お客様が安心してお部屋探しができるように、住まいのお役立ち情報をお届けしています。