部屋の内見をするのにベストな時間帯ってあるの?

Share on FacebookTweet about this on Twitter

部屋の内見をするのにベストな時間帯

内見の時間帯
賃貸物件を決めるにあたって、部屋の内見を行う必要があります。
ただ賃貸物件の情報を見て「内見をしてみたい」と思った際、いつの時間帯に内見をするのがベストなのでしょうか?
今回は部屋の内見をするのにベストな時間帯や、何を確認すれば良いのかについてご紹介していきます。

時間帯によって内見で確認できることが異なる?

たとえば、朝昼の内見では日当たりを確認できる・夜になれば周囲の治安を確認できるなど、時間帯によって内見で確認できることは違います。
そのため内見時に確認しておきたいところがある場合、不動産会社に相談し、そのポイントが確認しやすい時間帯に内見を行えるよう調整してもらいましょう。
また、初回内見時はできるだけ日が出ている、明るい時間帯に内見をするのがおすすめです。
部屋の中の確認がしやすいうえ、賃貸物件の共有部分の確認も行いやすいためです。

内見におすすめの曜日・時間帯は?

おすすめの時間帯
実際に内見をする際におすすめの曜日・時間帯について見ていきましょう。

自身のライフスタイルに合わせる

たとえば日中は学校や職場にいるため、自宅にいないことが多い時間帯かと思います。
このような時間帯に内見を行うのではなく、できる限り自身が自宅にいるような時間帯に内見をする方が、住んでいるイメージが湧きやすくなります。
また、その時間帯での近隣住民の行動なども合わせて確認しておくと良いでしょう。

平日・休日に分けて内見を

また平日に内見を行った時と休日に内見を行った時とでは、さまざまな面でギャップが生じやすくなります。
たとえば平日は閑静な住宅街だったとしても、土日になると人がたくさん訪れるスポットだった、ということも考えられます。
平日と休日のギャップを見るためにも、曜日は分けて内見をした方が良いでしょう。
なお、水曜日は不動産会社がお休みを取っているところが多いため、注意してみてください。

内見時の持ち物や所要時間は?

内見の所要時間
前提として、内見は必ず行うようにしましょう。
内見を行わずに決めることもできますが、イメージしていたものと現実との違いが生じる場合も多いため、そのギャップを埋めるためにも必要なことなのです。
次に、内見時における持ち物・おおよその所要時間について見ていきましょう。

持ち物

入居先で得た写真やその他の情報を後から振り返れるように、スマートフォンやカメラは持っていくようにしましょう。
また、気になる点をメモするため、筆記用具も必要となります。
家具・家電スペースを確認するためにはメジャーも必要になるでしょう。
その他、不動産業者によってはスリッパを用意してくれることもありますが、自身で持参すると安心かもしれません。

所有時間

所要時間としては目安にはなりますが、およそ30分となります。
1日に何件も内見をする場合はもう少し短くなることがあります。

おわりに

今回は部屋の内見をするのにベストな時間帯や、何を確認すれば良いのかについてご紹介しました。
前提条件として、後々のトラブルを防止するためにも、内見は必ず行うように心がけましょう。
内見を行う時間帯によって確認できるポイントは違うため、日中の時間帯であれば部屋の中はもちろん、共有部分についても見ておくようにしましょう。
また、可能であれば平日・休日に分けて内見を行うのがギャップを少なくできるためおすすめです。
内覧時にはスマートフォンやカメラ・メジャー・筆記用具などを持参して、必要な情報を正しく集められるようにしましょう。
入居前に不透明な部分をなくすことで、納得した入居先に住むことができるので、何度も念入りに確認を行うことが重要であると言えます。