敷金と礼金の違いとは?敷金でよくあるトラブルについてもご紹介

Share on FacebookTweet about this on Twitter

敷金と礼金の違い 敷金でよくあるトラブル

敷金礼金

賃貸物件を探す際に、図面に書かれている敷金・礼金というお金。
これらのお金は一体なんなのでしょうか?
けして安くない費用が必要となるだけに、敷金と礼金についてはしっかりと理解しておいた方が良いでしょう。
こちらの記事では、敷金とは?礼金とは?その違いについてや、敷金でよくあるトラブルやゼロゼロ物件についてご紹介します。

敷金とは?

借主や貸主に事前に預けておくお金のこと。
賃貸借契約中に、家賃の滞納や部屋の破損などの修理費が発生した際にその補填として使用される費用。
また、賃貸借契約の終了や解除があった際、貸主の負担で修繕が必要な箇所の修繕に充てられます。
その全額をもっても補填しきれない場合は、別途請求がありますが、余った敷金に関しては、借主に返金されます。
この返金に関しては、特に問題がなかった場合、全額返金されることもあります。

礼金とは?

礼金とは

物件を所有する貸主に、部屋を借りるお礼として支払うことから、礼金という名称で呼ばれます。
礼金は、敷金とは異なり、退去時にその全部もしくは一部が返金されることはありません。

よくある敷金トラブル、その対処法は?

借主の方の中には、礼金は全額返ってこないが敷金は全額返ってくる。
そのように考えている方がいます。
しかし、敷金に関しては全額返ってこないことが多くあります。
このように敷金に関しての理解に、ギャップがあった場合、トラブルになってしまうことがあるのです。
特に、トラブルとして多いのが、「ルームクリーニング費用の借主負担」という特約が賃貸借契約書に記載されている場合です。
この特約が記載されている場合には、借主が普段からどれだけ綺麗に使用していたとしても、所定のルームクリーニング費用が発生するという場合が多いです。
そのため、自分では全額返金だと思っていたのに、そうではないということで、トラブルになってしまうのです。
このようなトラブルを防ぐために、契約時、契約書の内容をしっかりと確認し、不明点については必ず確認し、わからないまま契約をしたり、きっとこういうことだろうと独り合点をしたりしないように気をつけましょう。

敷金・礼金ともにゼロ円 ゼロゼロ物件とは?

ゼロゼロ物件

物件の中には、敷金も礼金もともに必要ない。
ゼロゼロ物件と呼ばれる物件があります。
初期費用を安く抑えたいと考え、このゼロゼロ物件を積極的に探す方もいます。
ですが、ゼロゼロ物件にはデメリットもありますので、選ぶ際には注意が必要です。

ゼロゼロ物件の注意点1 物件の状態

ゼロゼロ物件は、前入居者退去後、物件を回復するための費用を入居者からとっていません。
そのため、余分な費用がかかってしまうことを防ぐために、原状回復工事を最低限に抑えていることが多いのです。

ゼロゼロ物件の注意点2 物件の条件が悪い

ゼロゼロ物件の中には、なかなか入居者が決まらないためゼロゼロ物件にしたというケースがあります。
そういった場合、なかなか入居者が決まらない物件には何か理由があることが多く、条件の悪さに妥協して入居しなければならない場合があります。

ゼロゼロ物件の注意点3 退去時に別途費用がかかることがある

敷金を事前に取らない代わりに、退去時に最低限の室内清掃費用は必要。
ゼロゼロ物件にはそういった場合があるため、入居時に別途費用はないかの確認をしておく必要があります。

ゼロゼロ物件への入居をお考えの場合は、これら注意点に気をつけるようにしましょう。

おわりに

敷金と礼金について、また、よくある敷金トラブルとその対処法についてご説明しました。
賃貸物件に入居する際、これらの費用は基本的に必要になります。
そのため、これら費用についてはきちんと理解し、気になる内容については入居前に確認をしておくようにしましょう。
また、物件にはゼロゼロ物件という敷金・礼金が不要な物件もあります。
これら物件を選ぶ際は、必ずしもメリットがあるだけではない場合がありますので、本文でお伝えしたような注意点に気をつけて選ぶようにしましょう。