テレワークに最適な間取り!参考になるアイデアをご紹介

Share on FacebookTweet about this on Twitter

テレワークに最適な間取り!

テレワーク

在宅勤務=テレワーク。
新しい生活様式や、働き方改革という近年の流れがあり、多くの企業が導入するようになってきています。
実際にやってみると、自宅の方が会社よりも業務が捗るという声もあり、今後、テレワーク=在宅勤務の導入はますます進んでいくのではないかと言われています。
とはいえ、いきなり在宅勤務と言われても、準備ができていない。
一体どんな準備をすれば良いのかとお困りの方もいらっしゃることでしょう。
こちらの記事では、テレワークをするためにどんな間取りの物件を選べば良いのか。
テレワークに最適な間取りについてご説明します。

在宅勤務を考慮して物件を選ぶ?

昨今の社会情勢から、物件選びの際にも在宅勤務=テレワークのことを考慮する方が増えてきています。
自宅で作業をするスペースの確保はもちろんのこと、そのスペースでの作業をより快適にするための間取りについて考えられているのです。
在宅勤務メインになるような場合であれば、駅までや職場までの距離を優先するよりも、自宅の広さを優先した方が良いという場合もあります。
今まで家賃が上昇する基準になっていた要素を気にしなくても良くなることで、他の部分の価値をより重視することができるようになったのです。
在宅勤務を考慮して賃貸物件を選ぶ際には、どのような間取りを選べば良いのでしょうか?

テレワークに最低限必要なスペース

テレワークの間取り

本当に最低限、ということでしたら、机とパソコンがあれば、それで作業は十分にできるでしょう。
この場合、自分が普段業務をしているデスクサイズを基準に考えるようにすると、準備がしやすいでしょう。
まずは、職場で自分が作業しているスペースがどれくらいの大きさなのかを調べてみましょう。
よくオフィスで使われるデスクサイズだと、横に1メートル、奥に60センチほどです。
大体これくらいのスペースを確保することができれば、自宅でもストレスなく業務をすることができるでしょう。

仕事に集中することのできる間取り

在宅勤務は、会社で仕事をするのと比べて、誘惑が多く、人の目もないため、集中がしづらいという声があります。
そういった場合には、仕事により集中しやすい環境を整えるようにしたほうが良いでしょう。

たとえば、

  • 一部屋、部屋数が多い物件を選ぶ。
  • 仕事専用のスペースを作ることのできる大きめの部屋を借りる。

などの工夫をすることで、在宅勤務の際の集中力もぐっと上がるでしょう。

ワークスペースの工夫がきく間取り

最適なテレワーク

仕事が煮詰まってしまって集中が切れた時、気分転換をすることができるような間取りを選ぶということも大切です。
たとえば、普段のワークスペースに隣接した場所にテラスがあり、テラス席に移動して業務を続けることもできる。
こういった状況であれば、業務生産性も上がりやすくなるのではないでしょうか?
他にも、パートナーと席を並べて業務することができたり、コーヒーメーカーまでの移動がスムーズであったりと、自分自身の生活やその動線に沿った工夫ができるような間取りであるかどうか、事前に確認をしておくと、在宅勤務も捗ることでしょう。

おわりに

テレワークに最適な間取りの選び方についてご説明しました。
テレワークは、今までの会社での働き方以上に、自分の時間や業務を自分自身でコントロールする必要があります。
そのために適した間取りの部屋を選び、是非業務効率化を進めてみてはいかがでしょうか?