防犯性の高い賃貸マンションの特徴とは?注目ポイントもご紹介

Share on FacebookTweet about this on Twitter

防犯性の高い賃貸マンションの特徴とは?

賃貸マンションの防犯性
新しく賃貸マンションに住む場合、できれば防犯性の高い所に住みたいと考える方も多いでしょう。
今回は防犯性の高い賃貸マンションの特徴について、賃貸マンションを選ぶ際に注目しておきたいポイントも併せてご紹介していきます。

防犯性の高い賃貸マンションの特徴とは?

防犯性の高いマンション
防犯性の高い賃貸マンションの特徴について見ていきましょう。

モニター付きのインターホンがあるか

インターホンにモニターが付いていない場合、ドアスコープから人の顔を見分ける必要があります。
ただドアスコープから見える範囲というのは限られているため、訪問者の顔をしっかりと確認することが難しい場合もあります。
モニター付きインターホンがあれば、訪問者の顔をきちんと確認することができるうえ、販売訪問や宗教勧誘なども未然に防ぐことができるでしょう。

監視カメラが共用スペース内に設置されているか

共用スペース内に監視カメラがあれば、不審者が現れた場合でも抑止力の効果は高いと言えます。
また何かトラブルが発生した場合であっても、監視カメラで撮影された映像が残っているため、解決までのスピードが速いと言えます。

宅配ボックスの有無

宅配ボックスが設置されている場合、玄関ドアを開けなくとも荷物を受け取ることができます。
配達員に扮した不審者が賃貸マンション内に侵入する例もあるため、荷物の受け取りもできる限り顔を合わせないようにするのが安全だと言えます。
宅配ボックスが無い賃貸マンションであっても、駅・スーパー・コンビニといった場所に宅配ロッカーが設置されている場合もあるため、そちらを利用するという方法もあります。

管理人が常駐しているか

不審者は基本的に人目があることを嫌います。
そのため管理人が常駐していれば監視カメラ同様、抑止力が働くと言えます。

【防犯性の高い賃貸マンション】注目すべきポイントは?

注目するポイント
防犯性の高い賃貸マンションを選ぶ際に、注目すべきポイントがあります。

周辺エリアの治安情報をチェックする

物件を選ぶ際に、周辺エリアの治安情報を必ず確認するようにしましょう。
周辺の環境を知るため実際に足を運んで周辺を散策してみるということも良いですが、不動産会社に賃貸マンション付近の治安情報を聞きだしてみるというのもおすすめです。
犯罪情報が多い場合は、そのエリアを避けるのが良いでしょう。

見通しの良い賃貸マンションを選ぶ

空き巣は人気のない環境を好むため、見通しがあまり良くない環境の賃貸マンションには注意が必要です。
周辺からの見通しが良くない場所に賃貸マンションが位置していると、空き巣犯に狙われやすくなってしまうという危険性があるのです。
経路施錠がきちんと行われているうえで、見通しが良い場所に位置しているような賃貸マンションを選ぶと良いでしょう。

防犯性能の高い鍵の種類を選ぶこと

ピンタンブラー錠・ディスクシリンダー錠と言った古いタイプの鍵というものがあります。
こういったものを使用している場合、複製・ピッキングなどが困難だとされる種類の鍵を使用するよりも、犯罪被害に遭いやすくなってしまう傾向にあります。
鍵の種類はどのようなものかを事前にチェックしておくのも良いでしょう。

警察署・交番がどこにあるかも確認

警察署・交番が賃貸マンションの近くにある場合、危険な目に遭った場合でもすぐに駆け込んで助けを呼びやすいというメリットがあります。
とくに女性の一人暮らしをされる予定の方は、この警察署・交番が近くにある方が安心かもしれません。

おわりに

今回は防犯性の高い賃貸マンションの特徴について、賃貸マンションを選ぶ際に注目しておきたいポイントも併せてご紹介しました。
防犯性の高い賃貸マンションにはいくつか特徴があります。
ご紹介したポイントに着目しながら、ぜひ希望にあった賃貸マンションを選んでみてください。