賃貸マンションの便利な設備「ウォークインクローゼット」について

Share on FacebookTweet about this on Twitter

賃貸マンションのウォークインクローゼット

賃貸マンションの便利な設備
賃貸マンションでの暮らしを始める際、気になることの一つに衣類の収納スペースが挙げられるのではないでしょうか?
とくにオフシーズンの衣類などは収納場所に悩まれることでしょう。
今回は、そんな場合に役立つウォークインクローゼットについてご説明いたします。

「ウォークインクローゼット」とは?

ウォークインクローゼットとは英語で「walk‐in closet」と書きます。
その名の通り、人が歩いて入れるほど広く取られた収納スペースであり、1.5~3畳程度の大きさが一般的なものになります。
収納スペースが多いため、衣類に限らず旅行バッグやゴルフバッグのほか、子ども用品の収納などにも適しています。
ウォークインクローゼット内にはハンガーパイプや棚がつけられていることがあるので、帽子やアクセサリーなどの収納にも便利です。
またウォークインクローゼットの形式にはL字型・コの字型・I型・Ⅱ型などがあります。
それぞれクローゼット内に入れるということは共通していますが、収納方法がそれぞれ異なるためどこに何を置くかを考えなければいけません。

ウォークインクローゼットに収納するコツ

ウォークインクローゼット

そんなウォークインクローゼットですが、効率よくたくさん収納するにはどのようにすれば良いのでしょうか?
いくら収納スペースが広いとはいえ、整理をして収納しないとデッドスペースが増えてしまい、余計に物が探しにくくなったり、中に物が収納できなくなったりする場合もあります。
ウォークインクローゼットへの収納の際に意識する点としては、「きれいに収納するよりも探しやすくすること」になります。
こちらではウォークインクローゼットへの収納のコツについてご紹介します。

ルールを決める

「同じ色はこのスペース」「小物類はこのスペースに置く」など自身でルールを決め、それに沿って収納するようにしましょう。
それにより収納物を取り出したり、探し出したりする時間も短縮できます。

衣類の長さをそろえる

ハンガーパイプにかける衣類の長さを統一させることでその分のスペースを作ることができます。
例えばシャツ→ブラウス→コートの順に衣類をかけることで、丈が短いシャツ・ブラウスの下にスペースができるため、新たな収納スペースとして活用ができるようになります。

壁面・ウォークスルークローゼットとは?

ウォークスルークローゼット
ウォークインクローゼット以外のクローゼットの種類についてご説明いたします。
それぞれに特徴があるので、ご自身のライフスタイルに合わせて選ぶようにしましょう。

壁面クローゼット

ウォークインクローゼットと違い中に人が入れるほどの広さはありませんが、壁面に取り付けられた収納スペースであるためすっきりと収納できます。
大きめのタンスが取り付けられているというイメージが近いでしょう。

ウォークスルークローゼット

ウォークインクローゼットに入口を2つ設置したもので、部屋から部屋への移動が可能となったものです。
広い間取りの物件に設置されていることが多いため、賃貸マンションに設備されていることは珍しいかもしれません。

おわりに

今回はウォークインクローゼットについてご説明いたしました。
ウォークインクローゼットの特徴は何といってもその広さで、クローゼット内で着替えることも可能なほどです。
衣類はもちろん子ども用品や旅行バッグ、ゴルフバッグなど、部屋に置くと非常にかさばってしまうものも収納することができます。
また収納方法にも気をつけることで、より多くのものを収納することができるようになります。
部屋に置くと部屋のスペースが無くなってしまいますが、ウォークインクローゼットに収納すれば部屋スペースを確保することができます。
賃貸マンションをお探しになる際は、ぜひウォークインクローゼットの収納設備が付いているかも確認してみてください。