賃貸物件のトイレ 自分でウォシュレットを取り付けても良いの?

賃貸物件トイレ ウォシュレットを取り付け

賃貸物件のウォシュレット
賃貸物件を探す際には、トイレの環境を気にされる方も多いかと思います。
トイレ環境のなかでも、特にウォシュレットの有無は入居のための大きな判断材料になる方も多いのではないしょうか。
賃貸物件にはじめから設置されているウォシュレットが好みに合うものではない場合や、そもそも設置されていなかった場合は、賃貸物件へ入居後に設置はしてもいいのか気になるかと思います。
本記事では、賃貸物件のトイレにウォシュレットを自分で取り付けても良いのかについてご説明します。

賃貸物件でもウォシュレットの取り付けはできる?

ウォシュレットの取り付け
賃貸物件でも、ウォシュレット本体の費用や工事費を入居者自身で負担する場合は取り付けを承認している場合が多いです。
ただし、取替えが承認されている場合でも、取替える際には大家さんや管理会社に必ず確認をとりましょう。
ウォシュレット取替えのためには、壁に穴をあけたり、場合によってはコンセントを取り付けたりする工事が必要な場合があります。
このような行為は原状回復費の対象となる可能性があるため、大家さんや管理会社への確認が必要です。
のちのちトラブルにならないため、大家さんや管理会社へ相談する際は、取り付け予定のウォシュレットの種類や工事予定時期など、取り付け工事に関わるさまざまなことについて伝えておきましょう。

賃貸物件でウォシュレットを取り付ける際の注意点

賃貸で取り付ける
賃貸物件でウォシュレットを付ける際には、下記のような注意点があります。

コンセントの有無

ウォシュレットはリモコンで水を出したり、脱臭や便座を温めたるために電気を使用したりします。
現在使用しているトイレを確認し、コンセントの有無を確認しましょう。
もしもコンセントがない場合、新たに設置するための工事が必要です。
コンセントの増設といった電気工事は電気工事士の資格所有者しかできないと法律で定められているため、通常は業者に依頼することとなります。

形・サイズ

さまざまな形やサイズのウォシュレットが販売されています。
気に入ったウォシュレットを購入しても「トイレに入らなかった」「ほとんど隙間がない」などの問題が発生する可能性があります。
ウォシュレット購入前にトイレ内のサイズを計測しておき、希望するウォシュレットが入るかどうかをメーカーのサイトや家電メーカーで確認しましょう。

ウォシュレット取り付けは自分でできる?

自分でできるのか
メーカーや商品によっては困難な場合もありますが、ウォシュレットの取り付けは一人でも可能な場合があります。しかし、トイレにコンセントがなく、居住者に電気工事士の資格がない場合は自分で取り付けを行うことは出来ません。
先述の通り、コンセントの設置は電気工事士の資格保有者しか行うことができないからです。
もしも電気工事士の資格を保有していないようでしたら、業者に依頼しましょう。

使用していた便座はどうするの?

無事新しいウォシュレットの取り付けが完了しましたら、以前使用していた便座はどうすれば良いのでしょうか?
退去時には「原状回復の義務」があるため、以前使用していた便座は残しておかなければなりません。
ただし、大家さんや管理会社との話し合いにより、退去時もウォシュレットのままで良いとなった場合はそのままウォシュレットを設置し、以前使用していた便座は処分して問題ありません。
必ず確認をとるようにしましょう。

ウォシュレットの種類

ウォシュレットの種類
ウォシュレットには、メーカーや便座のタイプ、水を出す方法、リモコンの操作タイプ、その他の機能など、さまざまな種類が展開されています。
こちらではウォシュレットの種類についてご説明します。

便座のタイプ

レギュラータイプ

2000年以前に製造されたトイレに取り付けられることが多かったタイプです。
サイズ:先端からタンクまでの長さ…65mm以上、先端から便座取り付け穴までの長さ…440、開口部…320~350

エロンゲートタイプ

レギュラータイプに比べ、便座全体や開口部のタンクからフチまでの長さが長く、少し大きいのが特徴です。
サイズ:先端からタンクまでの長さ…50mm以上、先端から便座取り付け穴までの長さ…470m、開口部…355~380

水供給の仕組み

貯水式

あらかじめタンクに水をためておき、用を足した後にタンク内の水を放出する形式です。
一度使い切ると再度水がたまるまで時間がかかり、洗浄力が落ちる、ランニングコストがかかるなどの特徴があります。

瞬間式

用を足した後に、必要な量だけ水が流れる形式です。
貯水式のようにタンク内に水をためないので雑菌の繁殖を防ぐことができ、また必要量だけ流すのでランニングコストを抑えることができます。

操作タイプ

便座一体タイプ

便座の右側や左側に洗浄や脱臭ボタンが設置されている、便座と一体型になっているタイプです。
便座一体型タイプはすべて一体となっているため掃除がしやすく、ホコリがたまるすき間などがないので汚れが付きにくい特徴があります。
一方、便座などの一部が破損してしまうとすべて交換しなければならないので、修理・交換費用が高くなってしまう点には注意が必要です。

リモコンタイプ

便座の横にある、トイレ内の壁面にリモコンが設置されるタイプです。
便座一体型に比べて操作面が汚れにくく、便器奥の床も掃除がしやすい点が特徴です。
一方、壁面に取り付けるため壁に穴をあける必要があるので、工事が大掛かりになり、価格が便座一体型タイプよりも高くなる傾向にある点は注意が必要です。

ウォシュレットの設置手順

こちらでは、ウォシュレットを取り付ける手順についてご紹介します。

1.取り付けられる環境なのかを確認

気に入ったウォシュレットがあっても、ウォシュレットを取り付けられる環境でなければ設置ができません。
コンセントの有無や、トイレに収まるサイズなのかなどを確認しましょう。

2.大家さんや管理会社に相談

サイズや環境に問題がない場合、大家さんや管理会社に、自分が希望するウォシュレットを取り付けても良いのかを確認しましょう。
またその際に、既存のウォシュレット・便座は処分しても良いのかを確認しておくと、保管場所の確保や処分について事前に検討することができます。

3.現在使用している便座を取り外す

便座は便器の下からナットで止まっている場合が多いため、工具を使って便座を外します。

4.分岐栓とホースを取り付ける

タンクのふたを開け、止水栓を閉めたあとにウォシュレット分岐栓を取り付けます。
分岐金具は、タンクとウォシュレットに水を送るために必要です。

5.便座を取り付ける

購入したウォシュレットを取り付けます。
取り付け方法は上記の「3.現在使用している便座を取り外す」の逆の手順で、便座の下からナットを通し、工具を使って便座を取り付けることができます。

6.本体と給水ホースを取り付ける

分岐栓の一方と便器を、ホースを用いて取り付けます。

電源を接続

ウォシュレットから出ている電源コンセントを差し込み、電気を流します。

試運転

実際に水が出るのか、便座は温まるのかなどを確認します。
動作にすべて問題がないようでしたら、ウォシュレットの取り付けが完了です。

おわりに

本記事では、賃貸物件のウォシュレットは自分で取り付けても良いのかについてご説明しました。
ウォシュレットは賃貸物件でも、大家さんや管理会社に許可を得ることができたら取り付けても問題ありません。
取り付けた後の、以前使用していた便座は大家さんや管理会社の許可がない限り、退去時に原状回復しなければならないため大切に保管しましょう。
さまざまなタイプのウォシュレットが世の中に展開されているため、お好みのウォシュレットが見つかりましたら取り替えても良いか確認してみてはいかがでしょうか?

著者情報

賃貸住宅サービス

賃貸住宅サービス住まいのお役立ち情報編集部 株式会社グラート

お客様が安心してお部屋探しができるように、住まいのお役立ち情報をお届けしています。