片付け本

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 

こんにちは。

先日こんな本を買いました。

 

「わたしのウチには、なんにもない。」

 

 

わかりやすいタイトルですね。

かつての実家での 部屋 暮らしから、現在の超シンプルな

暮らしに至るまでの経緯が漫画仕立てになっています。

見てください!

このかたのおうち、本当になんにもないんです。

↓  ↓  ↓  ↓

6acf5b79

e070976f

ガラ~ンとしてますね。

ここで家族4人と猫2匹で暮らしているそうです。

著者のゆるりまいさんは、捨てる物がないか常に目を光らせているとか。

ここまで物を減らすのは普通は難しいと思います。

何より家族の賛同がなければ無理でしょうし。

それにしても清々しいですね~!

 

 

それに比べて我が家は、というと

一人暮らしをやめて帰ってきた娘の荷物で今は足の踏み場もありません。

やはり2LDKに大人4人は狭すぎます。。(涙)

収納スペースがないのでダンボールの解体ができない のです。

まず収納スペースを確保をしなければならないのですが

どこから手をつけたらよいのか分からず、ダンボールのまま

とりあえずキッチンに 5箱×3段 でドーンと積み上げております。

 

最近はその山が キッチンカウンター みたいになってきて

配膳台 代わりになっています。

 

「意外と便利~」・・・・・いやいや、ダメダメ!

でもこの本を読んだおかげで片付けスイッチ が入りました!

翌日、朝から夕方までかけて一人ででダンボールの山を崩しました

(←何しとるんや、娘は!)

とりあえず多少はすっきりしたもののまだまだ不要な物だらけ。

これからも片付けがんばらないと~。