1DKでの住まい探し

1DKとは?

DKとはDining Kitchenの略で、1DKは、4.5帖~8帖未満のダイニングキッチン+1部屋の間取りを指します。1Kと同じように、キッチンと寝る部屋を分けることができます。1Kはキッチンが4.5帖未満の間取りに対し、1DKはキッチンとダイニングが4.5帖以上確保されていて、なおかつ1部屋付いているため、一般的に1Kよりも居住スペースが広いと言われています。生活空間が、1Kや1R(ワンルーム)と比べると広々としていることが、1DKのメリットと言えるでしょう。また自炊をしている人にも便利な間取りです。家賃相場の平均は1Kや1R(ワンルーム)と比べると高いとされているため、予算に余裕があり、広いお部屋に引っ越しをしたいと考えている人におすすめの間取りです。

1DKの印象と現実

1K、1LDKとの違い

1DKは1Kや1LDKと混同されることが多いので、しっかりと理解をしておきたいところ。1Kはリビング兼寝室+4.5帖未満のキッチンという間取りに対し、1DKは食事もできる4.5帖以上のダイニングキッチン+寝室という間取りなので、1Kと比べるとお部屋は広く、家賃相場も高くなります。1DK部屋数が同じ1LDKですが、こちらも違いがあります。1DKは4.5帖~8帖未満のダイニングキッチンに対し、1LDKは8帖以上のリビングが確保されています。部屋数は同じでも、キッチンがあるダイニング・リビングのお部屋の広さで、間取りに表記が変わることを覚えておきましょう。

賃貸を沿線・駅から探すrailway search

関西
関東
中部
中国
九州・沖縄

この条件で検索