1Kの賃貸で部屋探し

1Kとは?

1Kとは、部屋とキッチンに間にドアで仕切られていて、それぞれが独立している間取りのことを指します。1R(ワンルーム)と同様に、単身者に適したコンパクトな間取りで、1DKや1LDKに比べると家賃の相場も安い傾向にあるため、一人暮らし初心者の方を中心に人気のある間取りです。生活スペースを分けることができるのも1Kの魅力。部屋でゆっくりと過ごしたいと考えている人におすすめの間取りになっています。キッチンや冷蔵庫を置くスペースが確保されているため、自炊をする人や料理好きの人に適した間取りになっています。

1R(ワンルーム)と1Kの違い

1Kの場合、1R(ワンルーム)と間取りが似ているため、混同するケースが多いといわれています。1Rは、部屋とキッチンの間にドアがない間取りなので、ドアで仕切りがある間取りが1K、仕切りがない間取りは1Rと覚えておくとよいでしょう。すだれやロールなどで仕切られているお部屋も1Rになります。家賃相場では1Rの方が一般的に安いといわれていますが、生活をしていくうえでの利便性を考慮すると、便利な1Kを選択する人も多いといわれています。

賃貸を沿線・駅から探すrailway search

関西
関東
中部
中国
九州・沖縄

この条件で検索