3LDKでの住まい探し

3LDKとは

3人以上のご家族の居住に適している3LDK。1LDK、2LDKと同じように、リビング+3部屋付いている間取りとなります。リビングの帖数は10帖以上されていますが、業者やポータルサイトによっては、8帖以上をLDKと定義しているケースも見受けられます。夫婦、カップルはもちろん、お子様がいらっしゃるご家族にも適していて、3つのうちの1部屋を子供部屋として活用することもできるでしょう。来客用のゲストルーム、書斎なども用意できます。

3LDKの印象と現実

3LDKの特徴とは?

ファミリー向けの間取りで、高いニーズを誇る3LDK。一般的に、3~4人のご家族の世帯に適した間取りと言われていて、3DKと比べても、お部屋の広さにゆとりがあることが多いでしょう。マンションやアパートのほかに、戸建てやメゾネットでも3LDKの間取りを多く見かけることができます。リビングの位置もお部屋によってさまざま。3部屋の真ん中にある場合や、1部屋だけが隣接しているなどのパターンが存在します。またリビングの形状も正方形や縦長、横長と多彩です。リビングの形やお部屋の配置によって、それぞれのお部屋の用途やインテリアを検討するとよいでしょう。3DKよりも家賃の相場は高くなりますが、その分ゆとりも生まれるので、お部屋の面積を重視したい人におすすめです。

賃貸を沿線・駅から探すrailway search

関西
関東
中部
中国
九州・沖縄

この条件で検索