不動産基礎用語

ア行から始まる用語

アイランド型キッチン

調理台を島のように壁から独立させたキッチンのレイアウト。
キッチンが閉鎖的にならず、リビングでくつろぐ人と話をしながら料理できる点ではカウンターキッチンと同じ。
複数で料理をしたり、動きやすいという利点がある。

アクトスイッチ・オートライトセンサー

ドアを開けると、自動的に玄関などの照明がつくシステム。

アパート

木造などで、二階建てまでの共同住宅。

一戸建

建物・敷地を一つの世帯で専有できる住宅。
貸家などとも言う。

印鑑証明書

契約に押印した印鑑が実印であることを証明する書類。
市区町村の役所で登録や発行ができる。

インターフォン

玄関外と屋内で通話ができるシステム。
TVモニター付きもある。

ウォークインクローゼット

立ったまま人が出入りできる収納。
主に1.5帖以上ある広さのものを指す。
ハンガーパイプの付いているものをクローゼット、ないものを収納と呼ぶが厳密な区別はない。

打ちっぱなし

コンクリート打ちっぱなしなどと使われる。
コンクリートを打ち込んだままで仕上げた壁のこと。

エントランス

玄関や出入口のことを意味するが、マンションなどの共用玄関をさす場合に使われることが多い。

追い焚き機能付きバス

浴槽のお湯を沸かし直す機能がついたお風呂のこと。
お湯を入れ替える必要がないので経済的。

オートロック

暗証番号やルームキーなどによって、マンションのエントランスを施錠し、外部からの侵入を防ぐシステム。
TVモニター付きや、指紋認証システムを導入したものもある。

オール電化

キッチンや浴室などをガスでなく、電気で行うシステムのこと。
ガスコンロの代わりに電気調理器、ガス給湯器の代わりに電気温水器などを使う。

▲上に戻る

カ行から始まる用語

カードキー・カードロック

カードにより、施錠するキー。
ピッキング等に強いため、最近注目されている。
ホテルなどにも用いられている。

解約引

退去時に保証金から差し引かれる金額。
実費とある場合は退去時の原状回復費用分が保証金から差し引かれる。

カウンターキッチン(対面キッチン)

リビングルームと対面するようにキッチンが配置されてあり、料理をしながらリビングルームの様子を見たり話ができるようなキッチン。

鍵交換代

防犯のため、前の住人が使っていた鍵を交換するための費用。
物件により有無は異なる。

家具家電付

ベッド・タンス・冷蔵庫など、生活するのに必要な家具・家電があらかじめついているもの。
但し、別途リース料を請求される場合がある。

火災保険料(損害保険料)

火災や水漏れをしてしまった場合、器物の破損などを対象にした損害保険。
入居の際に入ることが義務付けられる場合がほとんど。
保険会社によって異なるが、2年契約が多い。

給湯器

ガスや電気で湯を沸かし、室内に給湯する機器。
バス・洗面・キッチンの三箇所に給湯できるものは三点給湯と呼ばれる。

共益費・管理費

1ヵ月の共有部分の維持・管理に必要なお金。
共有部分とは、廊下・エレベーターなど住む人みんなが共同で使う所。
これは、エレベーターの保守、マンションの清掃などに使われる。

禁止事項(特約事項)

マンションによって決められている禁止事項。
ペットの飼育や楽器の演奏の禁止など。

クッションフロア

床が塩化ビニール製でできており柔らかく、音も響きにくい。
洗面・キッチン部分などに使われる。
最近はフローリング柄のタイプもあり、居室などにも使われる。

更新料

契約期間終了後に、次の契約を更新するために必要なお金。
家賃の1ヵ月分程度がほとんどだが更新料の要、不要や金額には地域差がある。

コーポ

コーポラティブハウスともいわれる木造の低層共同住宅。

▲上に戻る

サ行から始まる用語

三点給湯

一台の給湯器から、キッチン、洗面所、浴室の三ヵ所へ給湯されることをいう。

サンルーム

屋内にありながら日光を採り入れるように設計されたスペース。
ベランダ・バルコニーがない物件にあるのがほとんど。

敷金

契約時に家主さんや管理会社に預けるお金。
目的は保証金と同じだが、別途礼金がある場合は故意過失による損害がない限り全額返金される場合もある。
ある一定の住宅金融公庫融資のお部屋の場合は、敷金3ヵ月で入居できるお部屋もある。
退去するときには、敷引または補修費が差し引かれて返金される。

敷地面積

一戸建ての場合などに用いる、庭や駐車場などその住居が所有する敷地全てを含めた総面積のこと。

システムキッチン

調理台、流し台、ガス台、戸棚などの収納が一体化されたキッチン。
シングル・ファミリー向けともに設置が増えてきている。

敷引

解約引と同意。
退去時に敷金から引かれるもの。

シャワートイレ

おしりをお湯などで洗浄できる便座のこと。
温水洗浄便座ともいわれる。
他にも便座を暖める機能などがついている。

シャンプードレッサー

洗面・化粧台だけでなく、洗髪をするための機能(ハンドシャワーなど)がついた洗面台・化粧台のこと。

住民票

住所を証明する書類。
市区町村の役所で発行される。

重要事項説明書

これから住む部屋の構造・間取・家賃・契約条件などが不動産会社の宅地建物取引主任者より説明される。
法律によって説明が義務付けられている。

初期費用

部屋を借りるのに最初に必要なお金。
普通、保証金(敷金・礼金)、仲介手数料、日割家賃、前家賃。
これに物件や契約内容に応じて、火災保険料、防虫費用や鍵交換代などが必要。

所得証明

収入があることを証明する書類。
源泉徴収票や納税証明書などのこと。

新築

完成後1年未満且つ未入居の物件。

水道代

水道を使用するために必要なお金。
1ヵ月2000円のように定額のお部屋もあれば、一部屋ずつ別々に支払う場合もある。

セキュリティーシステム

防犯、防火、ガス漏れなど安全を保つための各種警報装置。
オートロック、監視カメラなど、いろいろな設備がある。

セパレート

浴室(風呂)とトイレが分かれたタイプの部屋。
略してセパと表記しているものがある。

全自動給湯器

三点給湯のほかに、自動的にお湯張りできる機能などがついた給湯器。

洗濯パン

主に洗濯機を置くための排水口付き受け皿のことで、防水パンともいう。
万一、水漏れが起こった際に、水が周囲にあふれ出るのを防ぐ。

専用庭

専用で使える庭。

続柄

本人との関係。

▲上に戻る

タ行から始まる用語

宅配BOX

宅配便などを預かっておくロッカー。
留守にしてても荷物が届けられるシステムのため一人暮らしや共働きの家庭には便利。

築年数

建物が建築されてからの年数をいう。

仲介

貸主と借主の間にたって斡旋すること。

仲介手数料

契約者が仲介した不動産会社に支払う手数料で、家賃の1ヵ月以内+消費税と決められている。
物件や会社によって家賃に対しての比率は異なる。

直間

図のように一部屋が奥にある部屋の通り道になるような間取りのこと。

賃貸保証会社(保証料)

連帯保証人を代行したり、家賃滞納などの債務不履行をした場合に賃借人に代って弁済をする会社。
敷金・保証金がない物件は、要加入になっている物件がほとんど。
保証料は、会社によって異なる。

賃料

毎月払う家賃のこと。

定期借家契約

契約期間があらかじめ決められている契約。
普通は契約期間が終われば、正当な理由(入居者が解約したいとか、家賃を滞納しているとか)がない限り契約は更新されるが、この契約の場合は必ず退去しないといけない。
転勤中の住まいを貸す場合などに使われる。

ディンプルキー

キーの表面にえくぼのようなくぼみのあるタイプのキーのこと。
ピッキングに強いキーとして知られている。

デザイナーズマンション

有名建築家などが設計したマンションのことをいうが、単純に外観の良いマンションをこういう場合もある。

テラスハウス

ひとつひとつの住戸がテラスと専用庭をもつ低層の連棟住宅のこと。

テンキーロックシステム

暗証番号を入力することにより、部屋の施錠を行うシステム。

天窓

天井などに採光のために造られた開口部。

特優賃(特定優良賃貸物件)

公的機関により、特別に保証金や家賃を軽減したお部屋。
敷金3ヵ月で入居できるお部屋や、収入に応じて家賃が変わるお部屋のことをいう。

独立キッチン

リビングやダイニングから独立されたスペースに造られたキッチン形式。
ファミリータイプのLDKに多く、1Kや2Kの間取りの場合、特別に独立キッチンとは言わない。

トランクルーム

部屋に入らない荷物などを預かっておくためのスペース。
有料のものやマンションの共有部分に共益費込みで借りられるものもある。

▲上に戻る

ナ行から始まる用語

納戸

屋内の物置部屋のこと。大型の収納。

入会金

契約時に家主さんに支払うお金。
保証金などに比べると抑え目の金額のものが多い。
退去時には返ってこず、また毎年必要な場合が多い。

入居審査

入居申込者の内容に応じて、家主さんまたは管理会社が入居を承諾するか否かを審議すること。

入居申込書

気に入ったお部屋が決まったときに、入居の意思を示すために記入する書類。
申込書には、
1入居する人の現在の住所・氏名
2学校・勤務先・電話連絡先
3保証人の住所・氏名・続柄
4保証人の勤務先・年収
などを記入する。

延床(のべゆか)面積

住居内全ての床面積。
ただし一戸建てなどの場合庭など屋外の面積は含まない。

▲上に戻る

ハ行から始まる用語

ハイツ

S造・木造等の低層の共同住宅。
主に二階建て。

はめ殺し

開閉ができないタイプの窓のこと。
採光だけのための天窓などがこれにあたる。

バリアフリー

高齢者などが生活するのに障害となるものを取り除くこと。
床の段差をなくしたり、階段にスロープや手すりをつけるなどをして安全面を考えてある。

光ファイバー

高速なインターネット回線の代名詞となっているが、そもそもはガラスやプラスチックの細かい繊維でできている光を通すケーブルのことをいう。
物件設備として表記してある場合「光ファイバー設置済み」の意味で、プロバイダー契約や利用料は概ね別途必要となる。

日割家賃

月の途中で契約した場合に、その日から月の終わりまでの家賃と共益費などを日割にして支払う家賃。

ブラケット

壁面につける照明器具のこと。

振り分け

図のように部屋と部屋がともに独立して使える間取りのこと。
振り分け間取りは生活スタイルによって仕切りを外して全体を広く使えるメリットがある。

ブロードバンド

光ファイバーやCATVなどの通信技術などを用いて実現される、概ね500kbps以上の通信回線をブロードバンドという。
ADSLもブロードバンドにあたる。
「ブロードバンド対応」となっていても、どれにあたるかは確認しないとわからない。

フローリング

板張りの床材のこと。
LDKや洋室部分に使われる。
掃除がしやすく、おしゃれに見えることから人気が高い。

文化住宅

木造モルタルの共同住宅のこと。

ペアガラス

二枚のガラスの間に空気を密封した窓ガラス。
断熱性・遮音性に優れ、結露防止にも役立つ。

部屋を借りるのに毎月必要なお金

家賃・共益費・水道代。
他に、駐車場代・駐輪代・町会費などが必要な場合も。
これにガス・電気などの光熱費、食費がプラスされて、だいたい1ヵ月分の生活費となる。

ベランダとバルコニー

外壁から外部に突き出た部分で、屋根のないのをバルコニー。
屋根があるのをベランダというが、バルコニーの上には階上のバルコニーが屋根の代わりになるので明確な違いはない。

法人限定

個人を対象とせず、企業など法人を対象に貸す物件。

防虫費用(クリーンルーム)

部屋を消毒するための費用。
物件によって必要か否かは異なる。

保証金

契約時に家主さんに預けるお金。
関西独特のもので敷金と礼金をあわせたようなもの。
家主さんが退去の際に壁や床の修繕(原状回復費用という)などに使う。
退去するときには、解約引の金額と壁・床の痛みや汚れなどに応じた金額を差し引かれて返金される。

保証人(連帯保証人)

本人の身元を保証すると共に、家賃を滞納したりした場合にそのお金を肩代わりする人。
基本的には二親等以内の親族がなる。

▲上に戻る

マ行から始まる用語

前家賃

家賃は、ほとんど前払いなので、契約時に次の月の家賃と共益費などを前月の末などに支払う。

マンション

主に鉄骨造~SRC造の中高層の共同住宅で、三階以上のもの。

ミストサウナ

ミスト(霧)を噴き出す、室温40度程度、湿度100%の湿式サウナのこと。
浴室内の温度と湿度を高く保つことで発汗作用を促す。

ミングル

友人・兄弟同士などが共同生活するタイプのマンション。
一般には、キッチン・浴室・トイレなどを共同で使い、居室・寝室は別々の造りになっている。
ルームシェアリング専用のタイプ。

メゾネット

部屋の内部を二層にして、中で階段で結ばれている部屋。
天井が高く、開放感がある。
集合住宅で一戸建て感覚を味わうことができる。

木材ツーバイフォー

2×4インチの材料で壁面を支える構造で、耐震性・耐久性が高く木造住宅。

木造

骨組みを木材で構成した建物。
一戸建て住宅やハイツなどで使われる。

申込み金

部屋を気に入ったときに、部屋を仮止めするために必要なお金。
金額は家賃の1ヵ月分程度まで。
契約となったときには、手付金となる。
契約前に取り消す場合、申込み金は返金される。

▲上に戻る

ヤ行から始まる用語

床下収納

床下の収納スペース。
キッチンスペースなどに設置されていることが多い。

床暖房

床下に電気・ガスなどの暖房を置き、足元から暖めるシステムのこと。

ユニットバス(UB)

浴室とトイレが一体化したタイプの部屋。

浴室乾燥機

浴室に取り付けられた乾燥システム。
これを使えば、浴室内に干した洗濯物を乾燥させたり、寒い日に浴室を暖めたりすることができる。

▲上に戻る

ラ行から始まる用語

ランドリールーム

マンション内に設置された、入居者専用のコインランドリー。

リノベーション

築年数がある程度経った物件の内装、もしくは外観を全改装したもの。
間取りを大幅に変更し、デザイナーズマンション風に仕上げている物件も多い。
比較的安価で掘り出し物の物件もある。

ルーフバルコニー

階下の屋根(ルーフ)のスペースを利用した広いバルコニーのこと。

礼金

契約時に家主さんに支払うお金。
退去時に返ってこない。

ロフト

部屋の中に中二階を設置している間取りのこと。
収納やベッドスペースになる。

▲上に戻る

英数字から始まる用語

1帖(畳)の広さ

地域や物件によって、京間(1.91×9.55)・中京間(1.82×9.1)・田舎間(1.76×8.8)とサイズに違いがあるが、一般的には、約1.62㎡。
物件は専有面積で表記されるので、1.62で割ればだいたいの帖数がわかる。

ALC構造

軽量気泡コンクリート構造のこと。
内部に無数の空気の泡(気泡)をもつコンクリートの板を用いて建物を造ることで、内部の気泡により外部の湿度が伝わりにくく、断熱、防火の効果がある。

BS・CS

BSは放送衛星の略。NHK-BSやWOWOWなどがあり、アナログ放送とデジタル放送がある。
CSは通信衛星の略で、通信以外に放送にも使われている。
2002年春から110度CSデジタル放送も開始し、SKYPerfectTV!110で多彩な専門放送を提供。
両方とも受信には専用アンテナとチューナーが必要だが、物件設備として表記される場合「共同アンテナ設置済み」の意味。
チューナーや受信料等は別途必要となる。

BSアンテナ

衛星放送受信用のパラボラアンテナ。

CATV(ケーブルテレビ)

テレビの有線放送サービス。
多チャンネルの番組のほか、高速インターネット接続に対応するものも多い。
物件設備として表記してある場合「ケーブルテレビ対応」の意味で、契約や利用料は別途必要となる。
住む地域によって契約できる局が限定される。

EV

共同のエレベーター。

IHヒーター

電気で調理するタイプのコンロのこと。

LDK

リビング(L)ダイニング(D)キッチン(K)のこと。

MB

メーターボックスが入っているスペース。

PS

パイプスペースのこと。
上下水道管等の配置スペース。

R

ルームのこと。1R(ワンルーム)などと使われる。

RC造

鉄筋コンクリート造。
引張に強い鉄筋と、圧縮に強いコンクリートで強度を高めたもの。
中高層建築で使われる。

S

サービスルームのこと。
窓がないなどの理由で居室と認められない部屋をいう。
物置・納戸やウォークインクローゼットなどに使われる。

S造

鉄骨造。
鉄骨で造られた構造。
耐震性に優れ、RC造よりも軽量。

SALC造

鉄骨軽量気泡コンクリート造。
軽量で断熱性や耐火性にすぐれた構造。

SRC構造

鉄骨鉄筋コンクリート造。
骨組みを鉄骨で造り、その周りを鉄筋コンクリートで固めたもの。
高層マンションなどに使われる。

▲上に戻る

2017年オリコン日本顧客満足度ランキング 賃貸情報店舗(広域企業)第1位
テナント物件
売買物件
お店をご紹介
Line@

ページの一番上へ戻る