クラフトマンシップストリート

Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on Facebook

横浜元町にクラフトマンシップストリートという、職人の技が光るお洒落な街があると聞き行ってきました。

一番の目的はここ

「ウチキパン」
創業130年の人気の老舗パン屋さんであり、日本の「食パン販売発祥」のお店です。

折角、横浜まで来たので同じく有名なパン屋さん「ポンパドウル」さんにも寄りました。

2件のお店で沢山パンを買い占め山下公園で海を見ながら食べようという計画です。

元町商店街のメインストリートを最後まで歩きUターンをして
帰りはクラフトマンシップストリートを散策しながら山下公園へ向かうはずだったのですが・・・

途中、どうしても気になり足を止めてしまったのがギャラリーとお寿司屋さんが合体した「三郎寿司」。
窓越しに店内を覗いてましたが(決して怪しくないですよ)、まるで吸い込まれるように入店。
(少しだけのお寿司ならパンを食べるお腹の余裕はあるよね .+:。(*-ω-)(-ω-*)゚.+:。ウンウン)

大将は築地で仲卸の仕事をしていたそう。 横浜の事を色々と教えていただきました。

そして三郎寿司で食べたかんぴょう巻きの旨いこと!
長い人生の中でかんぴょう巻きの美味しさで初めて感動いたしました。

寄り道をしつつ山下公園へ。港にはサザンの歌でも有名なマリンルージュ号が港に停泊中です。

中華街や赤レンガもいいですが、私は元町CS(クラフトマンシップストリート)の雰囲気の方が好きです。
三郎寿司の大将からいただいた情報を基にぜひまた行きたいです。

帰りは首都高中央環状線の山手トンネルを走ったのですが
ここでまたびっくりするようなことが・・・

トンネルが・・・ 長~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~いんです。
いつまでたっても出口が見えない^^;
恵那峡トンネルを何度も走行経験があるのにもかかわらず、このトンネルの長さは尋常ではないと
焦りだし、もしかして環状線をぐるぐる回り続けているのではと勘ぐり始めました。
恐怖におののきながら走行を続けるとやっと出口の明かりが。

帰宅後に調べたら、山手トンネルの長さは世界2位、国内1位の長さらしいです。
恐るべし東京でした。

お部屋探しは賃貸住宅サービス阿波座店へ。皆様のご来店、心よりお待ちしています☆