1Rの賃貸で部屋探し

1R(ワンルーム)とは?

1R(ワンルーム)とは、部屋の数が一つの間取りのお部屋のことを指します。単身者に適したコンパクトな間取りで、一般的に家賃の相場が最も安い間取りと言われています。広さに関わらず、玄関から部屋まで仕切りがないタイプの部屋は全て1Rとなります。玄関から部屋を見渡すことができるため、部屋が広く見えると言われています。小ぶりな間取りであるが故に、1DKや1LDKといった他の単身者向けの間取りと比べると、生活環境のスペースや収納スペースは限定されます。普段から家にいる時間が少ない人や荷物が少ない人に適した間取りと言えます。1DKや1LDKといった広い間取りに比べると、掃除の手間がかからないのもメリットと言えるでしょう。

1R(ワンルーム)と1Kの違い

1R(ワンルーム)と1K。間取り図を見る限り、区別がしづらい間取りですが、実は違いがあります。玄関から部屋までの仕切りがない1Rに対し、1Kはキッチンと部屋の間に、ドアなどの仕切りがあるタイプの間取りになります。仕切りがないことで、1Rに抵抗を感じる人は、部屋と玄関の間にすだれや布を垂らすことで簡易的な仕切りを作ることもできます。

賃貸を沿線・駅から探すrailway search

関西
関東
中部
中国
九州・沖縄

この条件で検索