線路沿いにある賃貸物件に住むメリットとは?騒音は?

Share on FacebookTweet about this on Twitter

線路沿いにある賃貸物件に住むメリットとは

線路沿いの賃貸マンション
毎日電車に乗って会社や学校まで通っているという方にとって、自宅から駅までの距離が離れていると通勤通学が億劫になってしまうのではないでしょうか?
「できることならば、線路沿いにある賃貸物件に住みたい」とお考えの方もいるかと思います。
そこで、今回は線路沿いにある賃貸物件に住むメリットや注意点、また騒音対策についても併せてご紹介していきます。

線路沿いの賃貸物件に住むメリット

線路沿いの賃貸物件には、さまざまなメリットがあります。

駅から近い

先述の通り「線路が近いということは駅が近い」ということになります。
そのため起床時間なども調節ができ、通勤通学の負担も少なくなるでしょう。
また、雨の日でもあまり濡れることなく駅まで向かうことができます。

街灯が多く人が多いので安全

線路沿いは奥まった住宅街と比べると街灯が立っていたり、お店を営業していたりすることが多いため明るいことが多いです。
お店が開いている場合、人が集まるため安心感が違うでしょう。

家賃が安い

物件によりますが、電車が通過時に発生する騒音・振動などの理由によって、通常の賃貸物件より少し安く家賃が設定されていることもあります。
家賃の安さを優先したいという方にとっては魅力的な物件であるといえます。

日当たりが良い

線路側に建物がないため、日当たりが良い場合が多いこともメリットになります。
日当たりが良いので湿気が生じにくく、洗濯物を干しても乾きやすいという点も魅力です。

線路沿いの賃貸物件に住む際の注意点

線路沿いに住む注意点
一方、線路沿いの賃貸物件に住む際には注意しなければならない点もあります。
まず先ほど少し触れたように、電車が通過することによって生じる騒音・振動といったことが挙げられます。
電車の通過によって生じる騒音はパチンコ店と同程度の音量であることもあるため、日頃家にいることが多いという方にとってはかなり気になる点となるかもしれません。
また、電車内から室内をのぞかれる可能性もあり、プライバシーが侵害されることもあります。
そのような場合に備え、カーテンを設置するようにしましょう。
とはいえ終電頃になると電車の運行も終わるため、夜中の騒音についてはあまり気にならないかもしれません。

線路沿い賃貸物件での騒音対策

線路沿い物件の防音対策
線路沿いの賃貸物件において騒音対策の方法について見ていきましょう。
下記に騒音対策として用いるアイテムをご紹介します。
また、物件により騒音・振動といった度合いが異なりますので、駅近物件をお探しの方は該当する物件を内覧して、どの程度の音や揺れになるのかを確認しておくと安心です。

防音カーテン

通常のカーテンよりも厚手な素材でできており、室外からの防音に優れているカーテン。
高音域の音はもちろん、人が騒いでいる音なども緩衝してくれます。
またカーテンは防音のほか、外から部屋の中を見られることを防ぐ対策にもなります。

防音ボード・遮音シート

壁や天井に張り付けることで効果を発揮する、音の吸収シートです。
テープ式の物などがありますので、賃貸物件に住む際でも壁を傷つけることがありません。

上記のほかに、背の高い家具を壁側に配置するなど、家具・家電の設置位置を工夫することで騒音対策になることもあります。

おわりに

今回は線路沿いにある賃貸物件に住むメリットや注意点、また騒音対策についても併せてご紹介しました。
線路沿いは駅が近いこと・家賃が安い傾向にあること・比較的明るいといったようなメリットがあります。
一方で注意点としてはやはり電車が通過することによる騒音・振動になります。
騒音対策としては、防音カーテンや防音ボード・遮音シートの設置や家具・家電の設置場所の工夫をすると良いでしょう。