世帯人数別にご紹介!家族の人数に合った理想的な間取りの目安とは?

Share on FacebookTweet about this on Twitter

家族の人数に合った理想的な間取りの目安

家族の人数
結婚したばかりの夫婦2人が一緒に住み始める際に、「間取りの目安はどれくらいにするか」ということについて迷うというケースは少なくありません。
また夫婦2人で住み続けるのか、子どもをもつ予定があるのかによってもその間取りの目安は異なってきます。
今回は、世帯人数別の理想的な間取りの目安をご紹介していきます。

夫婦2人で暮らす場合

結婚してから夫婦2人で暮らす場合、一人暮らし用とされる1R・1K・1DKといった広さの物件では窮屈に感じてしまうでしょう。
そのため、リビングと寝室を合わせて1LDK以上の広さは最低でも確保しておきたいところです。
「夫婦それぞれに別の部屋が欲しい」「どうしても趣味の部屋が欲しい」という場合は、2LDK以上の広さをもつ物件を選ぶ方が良いでしょう。
夫婦2人暮らしの方の中には、子どもをもつ予定があり、その子どものための部屋として2LDK以上の広さをあらかじめ確保しておくという方もいます。

夫婦と子ども1人で暮らす場合

親子3人
夫婦2人と子ども1人、合わせて3人家族という場合は、夫婦の寝室・リビング・子ども部屋が必要になるため、2LDK以上の広さをもつ物件を選ぶようにしましょう。
「寝室意外にも客室や書斎場所、趣味の部屋が欲しい」という場合には、3LDK以上の広さをもつ物件をおすすめします。
一方で、家族3人とはいえ子どもがまだ小さいため、子ども部屋が必要無いということで1LDKの広さをもった物件を選択する家族もいます。
また1LDKでもLDKの部分が広く取られている場合は、子どもの勉強場所としてリビングの一角に学習机を設置して、子どもをリビングで勉強させるということもできます。
しかし子どもが生まれると、子どものおもちゃ・衣類などでどうしても物が増えます。
そのため収納スペースが充分に確保できていないと、物に圧迫されてしまい窮屈に感じてしまう場合もあります。
子どもが生まれるタイミングを見計らって、マンションの広さをワンランク上のものにアップさせるという方も少なくありません。

夫婦と子ども2人で暮らす場合

親子4人
夫婦2人と子ども2人、合わせて4人家族ともなると夫婦の寝室・リビング・子ども部屋を2つが必要になるため、3LDK以上の広さをもつ物件を選ぶことになるでしょう。
こちらの場合も、客室や書斎場所、趣味の部屋が欲しいということであれば、さらに広い4LDK以上の広さをもつ物件を探すようにしてください。
ただマンションであれば、4LDK以上の物件というのはほんのごく一部になるため注意が必要です。
一方で、1つの部屋を子ども2人で使う場合は2LDKの広さでも良いでしょう。
ただこのような場合、子どもがまだ小さいうちは良いのですが、「成長して大きくなっても2人は同じ部屋で良いのか」という問題が出てきます。
とくに男女の兄弟の場合は、大きくなってきたら部屋を分けてあげる方が良いでしょう。
そのため、子どもが大きくなってきたらワンランク上の3LDK以上の物件を探して引っ越しするという方法もあります。
また都会の場合、家族4人で住むとなると50平米は必要で、理想的なのは90平米の広さの間取りになると言われています。
家族4人でも充分快適に過ごせるような間取りの広さかどうかを考えていく必要があります。

おわりに

今回は、世帯人数別の理想的な間取りの目安をご紹介しました。
夫婦2人で物件探しをする際には、「あらかじめ広めな間取りにしておくか」「初めはコンパクトな間取りにしておくか」でも迷ってしまうことがあるでしょう。
もし予算に余裕がある場合は、初めに広めの間取りを確保しておき、将来の子どものためのスペースを確保しておくという方法も良いかもしれません。
それぞれの世帯に見合った間取りをじっくりと検討してみてください。