一人暮らしで犬を飼う時の心構えや注意点について

Share on FacebookTweet about this on Twitter

一人暮らしで犬を飼う時の心構えや注意点

一人暮らしで犬を飼う
一人暮らしの方の中で、「仕事帰りに家に帰っても一人…」と寂しさを感じた経験はありませんか?
そのような時に癒しをくれるのが犬をはじめとするペットです。
玄関を開けて出迎えてくれたときは安心と癒しをくれる、大切な存在です。
今回は、一人暮らしで犬を飼うときの心構えや注意点についてご紹介します。

犬を飼う前に考えなければならないこと

犬を飼う前に考えること
一人暮らしでも犬を飼うことができますが、そこには命を預かるという責任も伴います。
ここでは、犬を飼う前に考えていただきたいことを一部ご紹介します。

金銭面

犬を飼うには、多くの費用が掛かります。
例えばご飯代やおやつ代、おもちゃ代など日用の費用のほか、ペット保険や万が一の治療費などさまざまです。
飼い始めた当初は子犬だったかもしれませんが、年を取るにつれて老犬になり、より多くの費用が掛かる可能性もあるのです。
一度飼い始めたら最後まで責任をもって育ててあげられるように、金銭面についても十分考える必要があります。

寿命

犬の平均寿命は10~15年といわれています。
そのため、病気やけがなどにも気をつけつつ、飼い主は犬よりも長生きしなければなりません。
また、引っ越しが繰り返されることによる生活環境の変化が原因で、犬に大きなストレスがかかることがあります。
その結果、寿命を短くしてしまう可能性もあるのです。
飼う前にはご自身と犬の寿命や生活環境を考え、どちらの面も問題ないかを考えておくようにしましょう。

万が一の預け先

一人暮らしの場合でも、旅行や出張などを行う方もいらっしゃることでしょう。
ペットが同伴可能な旅行はあるかと思いますが、出張はビジネスである以上、ペットの同伴は難しいでしょう。
そこで、居住予定地の近くにペットホテルがあるのかを確認しておくことが重要です。
ペットホテルが近くにない場合、急な対応が難しいため、その際には誰かに預けてもらう選択肢も含んでおきましょう。

しつけ

飼い主の不在中によく吠えるなど、犬を飼っていて近隣住民に迷惑となるようなことがあってはなりません。
しつけをきちんと行うようにしましょう。
しつけのタイミングが遅くなれば遅くなるほど犬も覚えづらくなるため、できるだけ飼い始めたタイミングでしつけを行うようにしてください。

におい

飼い主は気にならなくても、近隣住民にとっては犬のにおいは結構気になるものです。
そのため、何週間、何か月も洗わないと近所迷惑に発展することもあります。
また犬自身にとっても細菌やウイルスなど感染症対策の一環となるので、定期的に犬用のシャンプーを使って丁寧に洗ってあげましょう。

物件探しのポイント

物件探しのポイント
犬を飼うと決まっている、犬を飼うことを検討している方はその旨を不動産会社に伝えましょう。
もしも許可なく犬を飼ってしまうと近隣トラブル、最悪の場合退去を言い渡されることがあります。
またペット可能な物件が見つかっても、十分な広さがないと犬にとってはストレスが溜まってしまいます。
その結果、しつけがうまくいかない、なつかないなどさまざまなトラブルが発生してしまいます。
物件選びの際はペット可、かつ飼う犬のサイズを考慮した物件を選びましょう。

おわりに

今回は一人暮らしで犬を飼う際の心構えや注意点についてご紹介しました。
犬に限らず、ペットを飼うには費用面の考慮と命を預かるという強い気持ちをもつことが大切です。
途中で飼うことを放棄する、ということは決して無いようにしなければなりません。
また犬を飼う際のポイントとして、費用面や寿命、万が一の預け先、しつけ、においなどを気にする必要があります。
これらをクリアできるという場合、不動産会社に該当する物件があるかを相談しましょう。
癒しと安心感をくれるペット。
飼い主としてはペットに対してはもちろん、近隣住民にも配慮が必要であることを忘れないようにしてください。

著者情報

賃貸住宅サービス

賃貸住宅サービス住まいのお役立ち情報編集部 株式会社グラート

お客様が安心してお部屋探しができるように、住まいのお役立ち情報をお届けしています。